KONICA C35FD
KONICA C35FD RDPIII

久しぶりに持ち出したフィルムカメラKONICA C35FD。

KONICA C35FD

いわゆる上位機種であるためシャッター速度優先AE(EE)撮影が可能で凄腕ジャーニーという愛称で呼ばれていた。

KONICA C35FD RDPIII

KONICAの露出計はとても素直かつほぼ正確な数値を弾き出してくれるので補正も思いのままで扱いやすい。

KONICA C35FD RDPIII

大衆コンパクト機と言えども手を抜かぬ姿勢がポジフィルムを使える安心感につながる。

KONICA C35FD RDPIII

HEXANON 38mmF1.8と言うコンパクトカメラにしては大口径のレンズもシャッター速度優先で有るが故にボケのコントーロールも思いのままだ。

KONICA C35FD RDPIII

明暗差の大きい場面でも暗部がよく残ってくれているので露出さえ決まれば破綻のない写真が撮れる。

KONICA C35FD RDPIII
KONICA C35FD RDPIII
KONICA C35FD RDPIII

しかし、45年以上も前に作られた大衆機でこの写りとはコニカは全くもって凄いメーカーだったのだと再認識させられてしまう。

願わくばこのスタイルのままでフルサイズコンパクトカメラに化けてくれないかと虚しい妄想に駆られてしまうなぁ。

Advertisement

使ってみたカメラ編カテゴリの最新記事