KONICA C35FD

レンズ::HEXANON38mm F1.8(4群6枚)カラーダイナミックコーティング
焦点調節::直進ヘリコイド繰り出し式(0.9m?∞)
シャッター::コパル速度優先絞り制御式自動シャッター B・1/8?1/500
露出調整::Cdsに依るEE機構自動露出
ファインダー・距離計::採光式ブライトフレーム・二重像合致式連動距離計内蔵

1973年に登場した高級コンパクト機C35FD、別名凄腕ジャーニー。
Fはflashmatic、Dはdeluxの意味だと言う。

それまでのC35は、完全プログラム自動シャッターであったが、このFDに付いてはシャッター速度優先絞り制御となっている。

つまりは、ある程度意図した絞りで撮影が出来てそれなりの絵作りが可能なのだ。

それに加えて、レンズが通常C35の開放F値2.8から当時のコンパクトカメラとして珍しく、開放F値1.8の大口径レンズをを奢っている。
勿論、シャッター半押しでEE(AE)ロックされる機能も抜かりなく備えられている。
絞り形状があれなので美しいボケ味かと言えば賛否両論あるかとは思うが、スナップ用途だけには収まらない実に楽しいカメラである。

KONICAコンパクトカメラカテゴリの最新記事