CATEGORY MINOLTA AFレンズ

  • 2006.07.30

MONLTA AF 135mm f2.8

レンズ構成::- 絞り機構::完全自動絞り 測光方式::開放測光 至近距離::- フイルター径::55mm フード::引き出し式 長さ×最大径(mm)::- 重さ::- 所謂”I(1)”型と言われる旧レンズ。 ズームに押されて、普及品のの短焦点が少なくなってしまった。 昔は35mm/50mm/135mmの3本が、ファーストシステムの定番だったのが懐かしい。

  • 2006.07.28

MINOLTA AF MACRO 100mm f2.8

レンズ構成::8枚8群 絞り機構::完全自動絞り 測光方式::開放測光 至近距離::0.35m フイルター径::55mm フード::丸形バヨネット式 長さ×最大径(mm)::75×98.5 重さ::505g 言わずもがなのミノルタMacroレンズ。 このレンズを生かす感性を身に付けなければ・・・。

  • 2006.07.27

MINOLTA AF 50mm f1.4

レンズ構成::6枚7群 絞り機構::完全自動絞り 測光方式::開放測光 至近距離::0.45m フイルター径::55mm フード::丸形バヨネット式 長さ×最大径(mm)::65.5×43 重さ::235g 軽くてとても使い勝手が良い。 やはり標準画角は落ち着いて撮れるし性に合ってる。 まぁ広角が使えないいいわけなのだが・・・。

  • 2006.07.26

MINOLTA AF ZOOM 24-105mm f3.5-4.5(D)

レンズ構成::11枚12群 絞り機構::完全自動絞り 測光方式::開放測光 至近距離::0.5m フイルター径::62mm フード::花形バヨネット式 長さ×最大径(mm)::71×69 重さ::395g 初めて買った新品カメラのα7用に購入。 どうもズームレンズの良し悪しがわからない。 ゆえにコメントのしようが無い。