KONICA AUTO S2で紫陽花をば

KONICA AUTO S2で紫陽花をば

AUTO S2でアジサイを撮ってみた。
このカメラの特徴(私感)は、色味が全体的に”赤っぽく”写るようだ。
この写真では余り顕著ではないが、ネガで撮ってもスキャン時に絶望的なまでに赤っぽい(マゼンダ)傾向が出る場合が多々有る。
40年前に発売されたコンパクト機(でもデカイ、RFの部類なのかな?)ではあるが、描写は勿論HEXANONレンズの事、カリカリのシャープさはないがホンノリ優しいボケ味を発揮してくれる。
ただ、そのボケは他のHEXANONと比べてどうかと言われれば・・・、う~ん。汚い・・・。
まぁ惚れた弱みと言うことで、自分としては合格点で。(腕は兎も角

使ってみたカメラ編カテゴリの最新記事