江ノ電お写ん歩 その1

江ノ電お写ん歩 その1

本当に久しぶりな、四十年振りぐらいの江ノ電乗り鉄。

車両も新しくスマートなのが増えていて、しかも4両編成で日中と言ったらなんかのアトラクションかと思うぐらいの混み具合。

この日は車ではなく、自宅から電車で向かうという全くの電車三昧。

鎌倉駅で降り、散策するわけでもなく一目散で切符売り場へ向かい1日乗車券を購入。

朝8時頃は車内もまだ比較的空いていてまずまずの出足。

長谷で降りて、歴史的建造物を見るわけでもなく沿線を歩きまわって電車を撮るという何故鎌倉へ?状態な1日の始まりなのでした。

この辺り、紫陽花の頃にはすごい人混みなんだろうなと想像。

結構古っちい電車も残ってるけど吊り掛け駆動方式じゃないんだなくっそ!などと独り言。

結構線路っ傍に彼岸花が咲いていた。

ここの踏切は有名お立ち台なのかな?写真撮ってる人が結構いた。

長谷駅周辺で一通り撮った後、極楽寺駅へ徒歩で向かうのでした。

私鉄カテゴリの最新記事