MINOLTA α9000

MINOLTA α9000

MINOLTA AF初期のフラッグシップ。

フラッグシップといっても、エンプラで単体では手動巻き上げ手動巻き戻し、決して早くないAFなど、今となっては・・・、な作りではあるがファインダーも見やすくて使いやすい。

僕自身はAFデビューが遅かったこともあり、AFアイスタートの必要性について理解できなかったが、これを使ってやっと理解ができた。

手持ちで移動するたびに「ガチャガチャ」と休みなく作動するAFは、確かに精神衛生上よろしくない。

手に入れた固体は、持病である液晶の液漏れは有ったもののシャッターボックスの油漏れもなくまずまずの状態。
しかし、プレビューレバーを押したとたん「パキ」・・・。
背面の親指グリップ部が「ポロポロ」・・・。
そんな状態なので、何かと物欲を掻き立てられるモータードライブなどのアクセサリーなども揃えずに、手動フォーカスと割り切った使い方をしていこう。(我慢できれば

MINOLTA一眼レフカテゴリの最新記事