2016年7月

夕刻

新宿からの帰路、う~ん撮り足りない! で、さいたまの某所でまどろんでいた野良猫を数枚撮。 見た目ライオンのようだが、少ししょぼくれ感が哀愁を演出する野良猫。 いつもは近づくと逃げ出してしまうのだが、今日に限ってお付き合いしてくれたw

  • 2016.07.19

写真工学発祥の地

今日も・・・、もとい、昨日は週末恒例の勝手に休日出勤で東京へ。 チョっと早めに出てフレームマンエキシビションサロン銀座で写真展2題拝見。 その後新宿へ行くも、予定時刻から数時間の空きが出てしまうため写真工学発祥の地を尋ねる。 「この地は、明治35年(1902)5月、小西本店(現・コニカミノルタ)が、写真感光材料の国産化を図り、研究所と工場(六桜社)を建設し、製造を始めたところである。同社は、さらに […]

原市沼de古代蓮2016

取りたてて遠出せずとも、近場で撮れる写真もある。(キリッ まぁ負け惜しみですがね・・・。 α7IIを手に入れてからと言うもの、結構写真撮りたい気分が高まっているわけだが、たまの休日は買い物やらなんやらと頻繁に遠出ができるわけでもないので、ご近所で季節の写真を撮れる場所があるのは非常にありがたい。 蓮以外にも、なんとなく飛び方が下手っぴに見えるハグロトンボを追ってみたり、働き者の蜂を追ってみたりカエ […]

  • 2016.07.02

鉛筆画

今日は、写真展ではなく鉛筆画展へ行ってみた。 普段絵画にはとんと縁はないのだが、SNSで見かけた古谷振一さんの鉛筆画展が東京で行われると知り高円寺へ。 鉛筆といえば、選択問題の時に転がして使うぐらいしか思い浮かばないが、素晴らしい芸術作品を生み出す道具だったとは。 これ古谷氏が鉛筆で描いた絵です。 これも絵です。 因みにこれも絵です。 瞳の中に映るカメラマンまで描かれます。 オチは無いですが、実際 […]