何故か充実の2016年4月最終の週

何故か充実の2016年4月最終の週

今週は目の保養のためメーカー系のギャラリーを色々廻ってみました。

注)写真と本文の内容はほぼ無関係です

オリンパスプラザ東京の安田 菜津紀 写真展「この街で、これからも 陸前高田に生きる」と、SONYイメージングギャラリー銀座の須田卓馬 写真展「Fereshteh -13years in Iran-」は良かったな。

どう良かったについては、僕のようなド素人が語れる筈もないので割愛するが、誰かが「写真にはその人自身が見える」と言った事がなるほど納得できる作品ばかりだった。

本当は作家さんに聞きたいことがあったんだけどね、タイミング悪くご両人ともご来客中な上に、まぁ僕の気が小さい事も手伝って結局聞けずじまいで少し後悔・・・。

そうそう、どことは言わないがとあるギャラリーで、主催者らしき人が大声で「○○と飲んで午前様でガッハッハ」とかうるせーのなんの。

とても品が無く、写真もつまんないしそのギャラリーでは写真を見る気も失せてすぐに帰った。

そんな人の写真だからね、他の客もボソッと「こんな写真どこが良いのかわからない」と言っていた。

街角写真カテゴリの最新記事