CP+2016その4

CP+2016その4

そしてお目当てのSONYブースへ行ってまいりました。
勿論、今度出るGMレンズを見たくてなのですが、今年のSONYさんはなんと自前のカードであればデータお持ち帰りOKという太っ腹ぶり!

発売前のβバージョンなんでしょうが、つきっきりで隣にいた係のお兄さんに聞いたところ「どうぞどうぞ」ってな感じだったので、調子に乗って

僕「設定変えてRAW持って帰っていい?」
係「いいですよ」
僕「へ?いいの!?AF設定とかも変えていいの?」
係「ご自由にどうぞ」
なんということでしょうか、よっぽど自信があるんでしょうね今回のレンズは。

8514GMで絞り2.5の設定で撮らせていただきました感想です。
(あくまで個人的な感想)

  • あえて瞳AFを使わずDMFで撮ったけどAFがビシッと決まってDMF拡大不要かもしれない。
  • +1で撮っちゃたからかもしれないけど、色合いを派手に振らない非常にニュートラルで清々しい印象なので、作家さん達の意図汲んだ作品を作りやすいんじゃないかな?

ついでに遠巻きからプラナーで撮った写真ですが、被写体までの距離や光線状態が違うのと新レンズはISO100絞り2.5でプラナーISO400絞り2.2なので単純な比較にはなりませんが、一応上げときます。
因みに補正はどちらも+1段でした。

午前中最後はVoigtlanderの新Eマウントレンズですね。

正直COSINAがあんまり好きではない、って言うか大っ嫌い(言ってやった)なのですがこの15mmは欲しんだな。

そろそろSEL16F28にワイコンを卒業したいなと。

しかして、実は85mmの試写はα7RM2だったんですが、補正を戻そうとしましたらね、パソコンから「メモリが足りません!」と怒られてしまいましてね、今僕に必要なのは写真機材ではなく新しい立派なパソコンであると気づきましたので、当分機材購入は諦めざるをえないですね。(泣

そして午後は僕が勝手に師と仰ぐ小澤忠恭氏のセミナーへ行くのでした。

つづく

祭・イベントカテゴリの最新記事