A6システム手帳:その1

A6システム手帳:その1

A6サイズの綴じ手帳と両建てで使用するために、A6のシステム手帳(バインダー式)は無い物かとググって探してみたものの、結局”無い”との結論に達しました。(どっかに有るのかなぁ?

って事で、持論であります「無い物は(出来るものなら)作る」から結局自作する事にしました。

 

素材は革って事で、レザークラフト関連ページをまずググり最小限必要そうな道具を購入。
(結構散財気味( :∀:)ノ

ついで革、これはサドルヌメってやつがなんとなく良さそうだったので、必要最小限そうな大きさの物を購入。(これまた結構な散財( T∀T)ノ

そんでもってシステム手帳用金具ですが、市販の物でA6に使えそうなのがバイブルサイズかミニ6サイズのものしか無くどうもしっくりこない。

結局のところバイブルサイズの金具を20mm詰めて使う事にしました。

金具はパーツラボってお店(ネットショップ)で、リング内径8mm・背付
加工中の写真がこれ。

まずは一番上の金具と、リングと一体になった板状の稼動金具を上下10mmずつ切断して、A6縦の150mmに。

ベースと、”背”部分は、適当に真ん中ぐらいから20mm詰めてバランバランにしてしまいます。

リング一体の稼動板は、開閉金具用の穴が両端に開いており、切ってしまった事で再度穴加工が必要。

1.2mmのピンバイスで穴を開けなおして、左側に見える針ヤスリでシコシコとそれらしい穴を開けなおし。

結構細かい作業が続きます。

んで、その2へ・・・。

文房具カテゴリの最新記事